スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

美術家より

bara

 はじめまして、美術部の乗峯です。
 
装置デザインと、衣装監修を担当しながら作品づくりに参加していますが、当日は劇場で舞台転換などもやっているので、みかけた時は声をかけてください!
 さて、今回は作品の書かれた1958年頃の設定を、思い切って現代に置き換える試みを随所にしています。それは例えば家の構造や着ている服、壁にかかっている近所のスーパーの袋だったりします。翻訳の"訳"については、そもそもが英文ですから訳す時代によって当然言葉使いは変ってくる。でも描かれた"役"については変らぬドラマ、人の性が現れてくる辺りに、この本の素晴しさを感じて取り組む毎日です。
 
 現代、ロンドン郊外。曇り空を切り取る厚い煉瓦塀。小さな庭に面したサンルームに絡まるツタ、、、


 "新ヤク"花咲くチェリー、どうぞご期待下さい。


 PS 写真は、ひと足早くアトリエに咲いた薔薇です。

テーマ : 演劇・劇団 - ジャンル : 学問・文化・芸術

comments

comment form

管理者にだけ表示を許可する

RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。